映 像 猿 人

--- Eizo Engine ---

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
百聞不如一見。
2015092200440000i.jpg

安保法制の取材に出かけて、思い切り風邪ひいた。

雨に濡れたせいか、荒れた熱気に蒸れたのか、セキはゴホゴホ、ハナはズルズル、ノドはガラガラ。

それはともかく。驚いたのは国会内の防音のよさ。

おもてには数万人もの群集が集まり、特大スピーカーを使ってシュプレヒコールをあげているのに、その声はほとんど館内には聞こえてこない。

なるほど。これでは国民の声など届くはずがない。政治家が耳を傾けるわけがない。

…なんつって、あくまでも物理的な意味だけど。

安保法制の良し悪しを語るのは、ここでは避けておこう。ただイデオロギーはともあれ今回の出来事が、若い世代に政治への関心を持つきっかけを作ったなら、国民にとって大きな収穫だとは思う。

なにより次の参院選には18歳が投票する。その影響を政治家が気にしないわけがない。

自分もオトナの一人として、若者たちの問いにきちんと答えられるようになろう。少なくともおのぼりさん状態で院内を歩いたり、著名なキャスターを見かけて緊張したりするのは卒業しよう。

でも行ってよかった。自分が言うのもなんだけど、新聞やテレビが報じるままを鵜呑みにしちゃダメだとつくづく感じた。そして同時にまた、事実を正しく伝える難しさもあらためて実感した。

さらに加えるなら、生で見る女子アナさんは画面の10倍可愛いことに驚愕した。なんてこった。
| 01:58 | - | - | - |
貪欲。
201506281511000.jpg

どんなもんだい!

じつは前々から車の天井が少しずつ垂れ下がってきたのだが、それがもう我慢できる限界を超えたので、ついに、とうとう、一気に、バリバリと、全部はがし取ってやった。

いやー、すっきり、すっきり♪

運転席に腰掛けて頭上を見上げれば、そこにはNYのアーティストが暮らすロフトのような、コンクリート打ちっぱなし、ならぬ冷たい鉄板むき出しの、じつにストイックな風景。

おしゃれを超えて、むしろ哲学。虚無の境地にして、これぞ美、これぞ漢(オトコ)の車。

…と思うつもりが、なんだろうこの、やっちまった感。

俺、早まったかな。

いいや、これで正解。梅雨に入れば、その真価が発揮されるはず。今まで内装材で遮られていた雨音が、よりクリアな響きでショパンのしらべを奏でてくれるに違いない。

ここまできたら過去を振り返っても仕方ない。あとは前を向くのみだ。

そう思ったら、今度は車の塗装を替えてみたくなった。どうせ素人が塗るんだから、思い切ってツヤ消しの、からし色なんかどうかしら。

朝から作業始めれば夕方には…いかん、いかん、誰か止めてっ。
| 01:02 | - | - | - |
旅の宿。
201506140544000.jpg

会議という名の慰安旅行。

かと思ったら120%本気(マジ)の会議合宿だった。

最高齢の身には体力が追いつかず、懇親会も早々に途中でドロン。

画像は、俺の爆裂イビキのせいで明け方まで寝つけなかった若手の皆さん。

気の毒とは思うけど、先に寝たもん勝ちだよね。
| 00:26 | - | - | - |
北東西南。
201505181114000.jpg

忙しさにかまけて書き込みもついサボりがち。

最近お前なにやってんだと聞かれても、愛変わらずな報道の日々、もとい、相も変わらずか…いや、ここはあえて愛も変わらずと言いたいわけで。

沿岸部を離れ船に乗る機会こそ減ったものの、北へ南へと飛びまわるのは同じ。

ならば多少やせてもよかろうに、やせ細るのは毛髪だけかよ(笑) ったく、笑えねーよ。
| 23:48 | - | - | - |
五里霧中。
201504252141000.jpg

仙台に戻って1ヶ月。

こちらでは内勤が増えたぶん、四六時中メガネが欠かせなくなった。

しかも最近は老眼が進んできたので、メガネを掛けたり外したりとわずらわしい。

仕方なく、今まで年寄り臭いと嫌っていた「遠近両用メガネ」を作ってみた。チラシにあった「今なら半額」にひかれてしまった。

ところが1週間後に届いたメガネは、期待したほどのものではなかった。見え方に違和感があるというか、帰宅後の疲労感が3割増しになった気がする。

もっとも、自分が誤った選択をしたとは認めたくない。

たとえ疲れが3割増しでも半額セールで作ったのだから、差し引き2割勝った計算になる。

もちろん、へりくつなのは分かっている。

…な、なっ、泣いてなんかいないぞ、これは目薬だいっ!
| 05:56 | - | - | - |
春風。
201504120915000.jpg

飲み会に出るために、職場近くの駐車場に車を置いて帰った。

翌朝早く車を取りに来てみると、ポケットの中にあるはずのカギが見当たらない。

前の晩、酔いつぶれて、部屋のどこかに置き忘れてきたらしい。

だが、こんなこともあろうかと、カバンにはいつもスペアキーが入れてある…と思ったら、カバンは車の中だった。

もう! これだから、春ってやつは侮れない。
| 23:11 | - | - | - |
引越。
201503311701000.jpg

ありがとう。お世話になりました。

感謝の気持ちをこめて、少し時間を掛けて部屋を掃除した。

明日から始まる新たな毎日にドキがムネムネ。そりゃおじさんだってドキドキぐらいするよ。

ただ最近、動悸や体調不良との見分けがつきにくくなってはいる。
| 01:46 | - | - | - |
謹告。
ishinomaki.jpg

今月いっぱいで、仙台に戻ることになった。

急な話だが、事情が事情だけに仕方ない。これ以上、まわりに迷惑はかけられない。

…思い立ってトヤケ森山。

遠くに光るは太平洋、手前に流れる北上川、眼下には幾千もの仮設住宅。

震災から丸4年。ここで何かを成し遂げることもできなかったし、誰かの力になれたかさえ怪しいけど、何かしらの思いだけは確実に膨らんだ。

その思いを、これからどう磨くかが、自分に課せられた宿題なんだろう。

〜花に嵐のたとえもあるさ サヨナラだけが人生だ〜
| 01:40 | - | - | - |
わらをつめろ。
mado.jpg

いろいろと見つめ直した1ヶ月。

窓を開け大声で叫びたくなる衝動もあるが、このまま黙ってブラインドを下ろしてしまいたい気持ちもある。図体だけはデカいくせに、イザとなると頼りなさ過ぎて困ってしまう。

♪こまってないでなおしておくれよ…頭の中じゃ、“バケツの穴”がエンドレス。
| 00:40 | - | - | - |
Ouch!
yuki.jpg

久しぶりの自宅泊。

のんびりと寝て過ごすつもりが、朝から雪かきに駆り出された。

でもおかげで、ご近所さんと顔見知りになれたのはうれしい誤算。

ただ張り切りすぎて、眠っていた腰痛を揺り起したのは大いなる誤算。
| 00:27 | - | - | - |
| 1/55 | >>